結果が出ないのは選択肢を1つしか考えていないから?

結果が出せない方によくあるのが選択肢を1つしか用意sh次ていないことが多いといわれていますい。
つまり1つしか選択肢を持っっていないと、それがダメな時に別の選択しがない。
だから、最初の選択しがダメになってしまうとまた一から最初に戻って考えなおすことになってしまうのである。
仕事をしている時に、相手や上司から自分の想定していたことと異なる反応や意見が出てきた時の準備ができていない。
こういう人は、世周防外の転回に困惑してしまい、また一から調べ直したりしているため時間がかかりすぎます。

仕事は常に不空数のオプションを持っておかないと家kません。
例えば新しい製品のマーケティング企画を任されたとします。
要領のいい人は、予め別の広告会社の出してきた案をいくつか持っているので、それを上司に見せて
「前回のわが社のマーケティングはこんな感じでした。
 最近 ライバル会社はこんなマーケティングをしてこんな感じのものをやっています。
 今回はライバル会社のやっているマーケティングのここを取り入れてこんな感じでいかがでしょうか?」
と具体的に相談すると上司もOKを出しやすいものです。
しかし、要領の悪い人はそんなライバル会社の広告案をなんて用意していないので、仕事を任されてから慌てて広告会社と打ち合わせや相談を始めます。
ここで1週間ほどたってその広告会社が案を上司に相談しに行くと
「ライバル会社の◎◎みたいなのはどうかな?」
と言われてしまう。
仕事を任されて1週間の間に上司の考えがコロコロと変わるのはサラリーマンのあなたなら何度も経験していると思います。
それもらたいした思い付きではないことがほとんどです。
こうして要領に悪い人は、ただただ城市鵜の思い付きに振り回されて忙しいだけでなかなか結果がついてこないのです。
こんあことをやっていると要領にいい人と容量の悪い人では結果にどんどん差がついて行ってしまいます。
要領の悪い人も要領の良い人もどちらも仕事に対する情熱は同じであってもです。
高齢者 見守り ネット環境なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です