挫折しそうになった時のメンタルコントロール

思たとおりにいかない時に心が折れそうになりますよね。
頑張って勉強しているのになかなか
結果が伴わない時にどんな対応をすればいいのでしょうか?

それは最悪の事態を予め想定しておくということです。

世の中には自分お力ではどうしようもないことってたくさんあります。
そんあときにはいつも
「自分にはできない」
という諦めやネガティブな考えが浮かびがちです。
しかしう、目標を達成するためにはそんなマイナスの影響を断ち切らなければなりあm線。

あなたのまわりにどんな状況でもくじけない前向きな人っていませんか?
「あの人、ハートが強いなぁ」
なんて羨望の眼差しで観ているかもしれません。
でも、そんなポジティブ思考の人って決して元来の生まれつきの性格ではないのです。
そんな人たちは自分の行動にたいして自己暗示をかけているのです。

困難な状況に陥ってしまった時、誰しもネガティブな考えが頭をよぎります。
でも、それは誰にでもある当たり前のこと

それに気づくだけでもかなり楽になりませんか?

困難に遭遇した時に心が折れて挫折しないようにするには、予め最悪の事態を想定しておくのです。
「いつかこんな状況が起こるかもしれない・
でも、その時にはこんな考え方をすることにしよう」
と予め心に決めておくのです。

「資格取得のため1年間、勉強したが今回も試験に落ちてしまった」
必死で頑張った分、心の落ち込みは決して小さいものではありません。
でも。
「たとえ、今回 試験医不合格でも最低3年間は頑張ってみよう」
最初から1回目、2回目の試験には落ちることを想定しておけば、すぐに次の試験に備えることができるはずです。

自分が変わることを恐れない

世の中の状況は刻一刻と変化していっています。
昨日の当たり前が今日は非常識ということもあるくらいです。

だからこそ前の考え方を変えることかも恐れてはいけません。
常に問題解決の方法も変わっていきますし、それに絶対の正解はないのです。
そのために、最悪の状況になった場合にはガラッと発想を変えてみることも考えてみましょう。
アノコイ jam

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です