実家の遺品整理はゴミ収集日や不用品回収の日を調べてから行う

実家の遺品整理には大量のゴミが出てしまいます。
ですから、ゴミの州守備や不用品回収の段取りを確認しておくことをおすすめします。

えてして、時価の片付けや遺品整理は兄弟姉妹のスケジュールを優先してしまいがちです。
そんなことをすると、ちょっと片付けただけで実家は足の踏み場のない悲惨な状況に陥ってしまいます。

考えてもみてください。
例えば洋服ダンスひとつでもそのまま処分はできません。
いたtんは中の衣類を取り出して
捨てる物(たぶんほとんど)
残すもの
選り分けた後にゴミ袋にどんどん入れていきます。
あっという間にそのゴミ袋の数は膨れ上がっていくことでしょう。

ですから、実家の片付けや遺品整理で出たごみは随時処分していかなければなりません。
どんどこどんどこ流れ作業的にゴミ収集や不用品回収で実家から持ち出していかないといつまでたても終わりません。

特に実家の片付けや遺品整理を始めた初期の時期は、できればゴミの収集日の前日に行っていって、すぐにゴミ収集の場氏にまで持ていておく。
大物(洋服タンスなど)は不用品回収のスケジュールに合わせて持って行ってもらう。
そうすれば一時的な保管場所が確保できて、後の作業もグッと楽になります。

不用品やゴミ鵜の処分は大きく分けて以下の5通りです。
①地域の一般ごみの収集日に出す。
2自治体の粗大ごみの収集日に出す。
③寄付する
④リサイクルショップに買い取ってもらう威・
⑤専門の不用品会修行者に引き取りをお願いする。
予めそれぞれの方法を調べておいて、効率よく実家の片付けや遺品整理はすすめていきましょう。

できるだけ一般ごみで出せる物は一般ごみの収集で処分するのがおすすめです。
仕分けも大変ですしゴミ袋も大量に要りますが、なんといいっても無料です。
ただ
電気ポット
炊飯器
テレビ
トースターなど
電化製品は簡単い捨てることができません。
ただこのあたりも自治体のホームページ安堵で調べれば引き取りの方法が詳しく書いてあります。
実家 空家 片付け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です