排泄の介護のポイント|オムツ交換やトイレ誘導のコツ

介護において一番大変で辛い鵜のが「霜の世話」
つまり排泄の介護です。
この霜の世話は
介護するほうも
介護される方も
双方にとって心身ともにl苦痛を与えてしまいます。
最初は頑張っていた排泄の介護も時には逃げ出したくなるものです。
少しでも排泄の介護が楽になるようにポイントも押さえておきましょう。

生活のリズムや習慣を理解する

排便にはそのお年寄りの長年のリズムがあります。
それを無視して
毎朝、決まった時間威排便させる
ことはできません。
排便を無理強いしても出ないものは出ませんし、それこそ介護者と介護を受ける音費処理との信頼関係も失いあmす。

おとしよりが自分で出来る排泄とは

介護者がどこまで手助けをするか?
そのあたりも臂臑に大切なポイントです。

「汚れるから」
そんな理由でお年寄りの自発的トイレの行動を妨げてがいませんか?
そんな理由ですぐにオムツを吐かせる習慣をつけてしまうと、もう後戻りはできなくなります。
なによりおとしよりが自分でトイレへ行こうとする気力を奪ってしまうのです。
排泄はできるだけトイレでするという姿勢を最後まで継続するようにしましょう。
歩けるなら自分でトイレに行くように仕向ける
歩けない人にはポータブルトイレや差し込み便器を使用しましょう。
残された機能をいかに維持していくか
それが隊御説です。
それが介護者の負担を減らすことにもなります。

お年寄りはトイレに失敗するもの

確かに自分の親が排泄に失敗することに大きな職を受けてしまうこともあります。
今まで当たり前にできていたことが突然できなくなる
まして、それが排泄ならなおさらです。
便座に座っていてもちょっと動いて洋服や便器を汚してしまったり
その後始末をなん度もさせられると
トイレに行ったの有にまた残便があっておもらして下着を汚したり

介護が必要になったお年寄りには排泄のトラブルはよくあることです。
しかしう大事なことはそれを大騒ぎしないことです。
一番ショックを受けているのは排泄に失敗したお年寄り本院です。
排泄に失敗しても怒ったりなじったりは厳禁です。
そうしないと、ますますおトイレに自分で行こうとしなくなります。
尿意や便意を催しても教えてくれなくなり悪循環になります。
介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です